請求に必要な書類を集めよう

018022

 

自動車事故の加害者が自賠責保険に入っていなかったり、盗難車であるために自賠責保険が使えなかったりした場合の、最後の被害者救済策とも言える、政府保障ですが、その請求は制限が多くかなり面倒です。

 

まず請求は被害者しか出来ません。

 

つまり被害者請求だけです。また自賠責保険とほぼ同等のないようですので、傷害、後遺症、死亡の場合だけが請求できます。物の保障はできません。

 

さて請求に必要書類ですが、まず保障事業への損害のてん補請求書が必要です。これは事業の窓口となる損害保険会社に備えてありますので、その用紙を利用します。

 

請求者本人の印鑑登録証明書。請求者の人の実印を証明する印鑑証明です。市役所等で発行して貰えます。

 

交通事故証明書。警察に交通事故を届けていることで、発行されます。自動車安全運転センターでもらえます。事故発生状況報告書。原則として請求者本人が書きます。

 

用紙は窓口となる保険会社に供えてあります。これ以外にも事故の状況に応じて、診断書もしくは後遺障害診断書、死亡診断書が必要です。また死亡事故の場合は除籍謄本も必要です。また必要に応じて、様々な領収書や健康保険証のコピーもいります。更に振込みのための振込み依頼者を付けて請求します。