法定限度額はいくら?

018022

 

自動車事故を起こした場合は、被害者は自動車賠償責任保険(自賠責保険)制度により損害賠償を受けられることが広く知られていますが、時に自賠責保険からの賠償を受けられないケースもあります。

 

このケースのうち、ひき逃げ事故や、盗難車による事故、自賠責保険に未加入の自動車による事故については、政府が加害者に代わって被害者に一定の限度まで賠償金の支払いを行なう制度があります。

 
この制度による補償内容は自賠責保険制度とほぼ同じ内容です。法定限度額も自賠責保険制度の場合と一緒であり、怪我の場合は1人につき120万円、死亡した場合は1人につき3,000万円、後遺障害についてはその程度により1人あたり最低で75万円、最高で4,000万円が限度となっています。被害者に過失があった場合に支払われる金額が減らされることがあるのも自賠責保険制度と同様です。

 

自賠責保険制度と違っている点は、請求できるのは事故の被害者のみであり、加害者からの請求は出来ない点、保険金請求の時効は事故の翌日から3年間で自賠責保険制度と同様だが時効の中断がない点、治療などの際に社会保険を使用しない場合は社会保険を使えば給付されうる金額の分だけ差し引かれて支払われる点などです。