ひき逃げされたら

018022

 

ひき逃げされた場合は、まず警察に届出を行う必要があります。相手がいないため、後で何らかの補償を受けようとした場合に、警察に届出を行っていなければ、事故を証明してもらえる人が全くいなくなってしまいます。

 

この場合、最悪なケースでは全く補償を受けられないこともありえます。必ず警察への届出が必要です。次に必ず速やかに病院へ行く必要があります。

 

時間が経過してから通院した場合は、事故との関連性がはっきりしない場合があります。

 

この場合も補償を受けられない可能性が出てきます。体調が悪い場合は必ずすぐに病院へ行きましょう。さて加害者が逃げてしまった場合は、加害者の保険で補償を受けることが出来ません。

 

後で加害者が発見された場合は加害者の保険へ請求することが可能です。加害者が逃げてしまった場合は、自分の自動車保険に人身傷害保険がついていれば補償を受けることが可能になるかもしれません。人身傷害は契約車両に乗っている場合のみが補償の対象になるものと、歩行中に事故にあった場合にも補償の対象になるものがあります。

 

できるだけ補償の範囲が広い人身傷害保険に加入しておくことがポイントです。これ以外にも政府で補償をしてくれる制度もあります。