自賠責未加入車と事故にあったら

018022

 

自賠責保険は車検時に必ず入ることになっているのですが、それでもやはり未加入の車は存在し、そういう車の事故にあった場合には何の賠償も受けることが出来ないんでしょうか。

 

実はそういう場合にも対応できる備えがあるのです。

 

それが政府保障事業です。これは自賠責保険に加入していない車や、盗難車で自賠責保険が利用できない場合、また轢逃げで加害者が不明な場合にも、利用できるます。

 

そういうときには自賠責保険とほぼ同じ内容の補償がきる制度となっています。補償の請求は被害者請求だけで、加害者請求は出来ません。請求先は自賠責保険を扱っている保険会社になります。

 

また自賠責保険と違って、時効の延長がない点以外にも被害者保護が弱く、中立的な内容となっています。

 

また怪我に関しては、自賠責保険と違って、健康保険で治療することを前提としていて、健康保険の分を控除した金額しか保障されません。無保険車保険などで賠償できる場合でも、まずこの制度を利用することを前提としているので、自賠責未加入車との事故で人身事故の場合には必ず使うことにあります。

 

またこの制度で被害者を保障した金額は政府により加害者に請求されることになっています。決して加害者の得になるようにはなっていません。