政府保障事業制度について

018022

 

政府保障事業制度と言う制度があります。これは自動車の交通事故による被害者

 

救う為の制度で、言わば最後の制度であり、どの制度も利用できなかった人を救

 

済する為の制度です。交通事故が起こった場合に被害者となった人に対する賠

 

償の為に義務付けられているのが自賠責保険ですが、義務付けられていても使

 

えない場合があり、そういう被害者を救済する制度です。例えば自賠責保険に未

 

加入の車による事故や、盗難車、轢逃げなどで加害者自身がはっきりしない場

 

合、その場合自賠責保険を利用することは出来ないわけです。そういう被害者を

 

救済する制度で、その内容はほぼ自賠責保険と同じです。つまり死亡や後遺症

 

の賠償、怪我の治療費などを賠償してくれます。保険ではないので政府の負担で

 

賠償金の支払いが行われます。ただし自賠責保険にくらべて不便なことも多くな

 

っています。たとえば仮払いは行われません。また請求しても実際に支払われる

 

まで時間が掛かります少なくとも半年以上かかります。また怪我の治療費は健康

 

保険を利用することを前提に、金額も健康保険の診療に換算して行われます。

 

時効の中断もありません。

 

様々なことが自賠責保険に比べて被害者有利になっていません。

 
自動車保険の見直し